2007年08月10日

宅建と転職

宅建をとったら転職しよう。そう思っている人も結構いるみたいです。実際、私の知り合いのおじさんでも宅建を取ってから不動産の営業マン(オフィス賃貸専門)になった人がいます。もちろん、今の時代、資格を持ったからと言って必ず幸せになれるわけはありません。でも、宅建を取ることがその人にとってマイナスに作用することはあんまりないと思います。まあ、宅建に限らずどんな資格でも資格を取ることがマイナスになることはほとんどないと思います。特に宅建の資格は不動産会社には必須の資格ですから、不動産業界に転職したいって人は取っておいたほうが良いです。不動産に限らず、金融関係の人も取得すべき資格ですよね。まあ、勉強内容は実際の実務に役立つ内容と調べれば分かるような内容といろいろだと思います(まだ、宅建の勉強を始めてそれほど経っていませんがそんな気がします)。でも、街がどうやってつくられているのか、建物はどんな規則で作られているのかなど、結構面白いことも勉強できます。宅建ということば、「宅地建物取引主任者」の略ですが、実際、宅地(土地)や建物を広い範囲で勉強することができますね。そういう点では、不動産業界以外への転職でも役に立つことがあると思います。宅建、あなたも挑戦してみてはどうでしょうか。
posted by 石野宅建 at 00:01 | TrackBack(0) | 宅建に合格するまでの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50866656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。